妊娠中によく食べていたもの

妊娠前から痩せているほうではなく、医師や助産師さんからも体重管理にはなるべく気をつけるように言われていました。
あまり太りすぎると産道が狭くなり、赤ちゃんが通る時に苦しくなったりするらしいですよね。
自分のお産も大変になるそうですから、なんとか自己管理は頑張らなければと思っていました。

そこで、お腹の赤ちゃんへの影響も考えて、和食中心の食事をとるよう心がけることにしたんです。
ガチガチに厳しくしてしまってはかえってストレスになると思い、ゆるい感じでなんとなくカロリー低めの食材を選ぶ、という程度にしました。

炭水化物は太りやすいとはわかっていましたが、私は白いごはんやパスタなどの麺類が大好きなんです。
どうしても麺類が食べたいなと思った時に重宝したのが、お蕎麦です。
つわりもありさっぱりしたものも欲していたため、わさびや薬味のネギ、海苔もたっぷりのせて、冷たいお蕎麦をよく食べていました。

また、重宝したのが、フローズンヨーグルトとプルーンジュースです。
フローズンヨーグルトは甘い物を食べたくなった時に、カロリー低めで満足感を得られるため、冷凍庫に常備したいました。
また、昔からプルーンジュースが好きだったので、プルーンで鉄分を補給しながらの甘いもの補給にとってとても大切だったと思います。
つわりが辛いときも食べやすかったのでオススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です